お気軽にお問い合わせください

0985-20-6333

受付時間 平日8:30〜17:30

株式会社 共同事務所コンサルティング

測量

Surveying

現況測量

・建築設計のため敷地の現況平面図が必要な場合

・土地の売買につき、登記簿面積と現況面積を比較したい場合

現況の面積やブロックなどの構造物を測量します。

「土地現況測量」とは現状の建物、道路、境界標、塀などの地物の位置を測り、対象土地のおよその面積・寸法・高さを知りたいときにする測量です。隣接土地所有者や市町村等との立会いは不要なので期間も短く費用も安価でご提供できます。自分の土地が大体、何坪(何平方メートル)か知りたい場合等にお勧め致しますが、正確に隣地との境界をはっきりさせるには境界確定測量が必要となります。

境界確定測量

・隣との境界をはっきりさせたい場合

・土地の正しい面積を知りたい場合

・土地を分筆する場合

土地の境界を決める(確定)する為に測量を行います。

「境界確定測量」とは、土地の境界を明確に確定させる測量です。
隣接地の土地所有者様と立ち合いを行い、了解を得て境界の確認をし、土地境界確認書などを取り交わし境界標を埋設します。土地の境界トラブルを防ぐことが出来ます。

基準点測量

・地図の作成や各種測量の基準となるもの

土地の位置及び状態調査、地図の作成などを行います。

「基準点測量」とは、既設の基準点(三角点・電子基準点)等に基づき、新たに基準点を設置する場合にその設置位置や高さを求める作業で、用地図の作成や道路の建設、都市開発などの様々な公共事業等を行うための基礎となるものです。

水準測量

・地形の高低差や建物の高さなどを測る測量

測量の基準となる「標高」を求める測量

「水準測量」とは、主に地点の標高又は高低差を求めることを目的とした測量です。土木作業時平地を作るためにどこの個所を削りどこを埋めていくかなどの計画を作る時に必要な測量です。分類すると、直接水準測量、間接水準測量、渡海水準測量、地盤沈下測量などがあります。