お気軽にお問い合わせください

0985-20-6333

受付時間 平日8:30〜17:30

境界は動く しかし筆界は動かない

今日は境界と筆界のお話をしてみたいと思います。
境界(きょうかい)とは、なんなのでしょうか?一般論からすると、ある物とある物とが接するところ、などのようなイメージではないかと思います。そのいろいろある境界の中でも共同事務所グループでは土地の境界を扱っていますのでこのことを考えてみたいと思います。

土地の境界をお尋ねすると次のようにおっしゃる方が多いかもしれませんね。例えば、境界はブロック塀ですとか、境界は家の軒までだとか、そんなお考えが多いかと思います。これは自分が実際に使っている土地の範囲を認識したうえでの境界と言えます。そうであればこの境界は私人間の認識で動いてしまう事になります。

これに対して、土地と土地との本来の境界というものがあり、これを筆界といいます。この境界は動きません。
この土地と土地との筆界が示されたのは明治時代に遡ります。明治政府は土地の利用(地目)や利用の範囲(田畑の畔など)に従って土地を区画しこれを測量しました。区画した土地には地番を付けて図面を作成しました。これが土地の境界の出現です。これを原始的筆界と呼んでいます。この筆界は動くことはありません。今でも法務局には和紙に書いたこの図面の多くが残っています。境界紛争ではこうした古い図面の検証も行います。

このように境界不明土地や境界争いでは原始的筆界も調べたうえで境界の主張を組み立てることが求められます。

 

===================================

宮崎市の測量/土地家屋調査士/行政書士事務所の「共同事務所グループ」です。
宮崎県にて地域に根ざした確かな技術と知識で、
測量・設計・開発行為・土地・建物(表題部)登記申請・不動産に関する専門家として
皆様の不動産に安心をご提供いたします。