お気軽にお問い合わせください

0985-20-6333

受付時間 平日8:30〜17:30

道路の要件(建築)

建築をお考えの皆さん、接道要件に問題はありませんか?
一口に道路と言ってもいろいろです。
国道や県道、市町村道などが真っ先に思いつきますね。これは道路法に規定された道路ですから建築基準法上もこの道路に建物敷地が2m以上(接道幅)接していれば基本的にはお家を建築出来ることができます。(建築面積により接道幅は変わります)
但し道路の幅員が4m以上ない場合は道路後退と言って道路中心線から敷地側に2m後退して家を建築しなければなりません。
なお宮崎市では道路後退した部分を道路として市に寄付すると、この分筆費用を市が負担する制度もありますので詳しくは共同事務所にご相談下さい。
このほか都市計画法によって開発された道路や建築基準法に規定のある位置指定道路も建築できる道路です。
ただ位置指定道路は私人の所有ですからこの道路内に所有権持分などの権利を持っていなければ銀行ローンがとおりにくくなるかもしれませんね。
一方お家を建築できない道路もあります。例えば高速道路は車のための専用道路ですからここに接道していてもお家は建築できませんよね。また農道とか里道などと呼ばれている道もありますがその多くは建築基準法上の道路ではなく接道要件はありません。これは法定外公共物とされ、道路法や建築基準法などの法令上の道路ではないからです。
しかしこのような道路でも建築が可能になる場合もありますのでこれはまた別の機会に書いてみたいと思います。
以上都市計画区域内の接道要件について大まかに述べてみましたがこの接道要件の規制は例外規定もありますので建築にあたって
道路の接道要件に困ったら是非
共同事務所グループにご相談くださいね。

 

===================================

宮崎市の測量/土地家屋調査士/行政書士事務所の「共同事務所グループ」です。
宮崎県にて地域に根ざした確かな技術と知識で、
測量・設計・開発行為・土地・建物(表題部)登記申請・不動産に関する専門家として
皆様の不動産に安心をご提供いたします。