お気軽にお問い合わせください

0985-20-6333

受付時間 平日8:30〜17:30

フグのような土地(続)

さてみなさん、調整区域では何故自分の所有する土地なのに自由に建築ができないのでしょうか?

この調整区域の制度が施行される昭和40年代、日本は高度経済成長の真っ只中にあった訳ですが人々はこぞってマイホームの夢を追いかけました。街中の土地は値上がりしていきましたから郊外に向かってどんどん建築されていきました。そうすると郊外の田園地帯のあちらこちらに虫食いのように宅地造成がなされ、なかには道路も満足に整備されていないようなものもありました。このようなマイホームを購入した市民は困り、結局行政側がインフラ整備のかたがわりをしてこれを負担していくことになりました。そこで政府は都市計画法を改定し線引を行ったのです。つまり都市計画区域内と都市計画区域外に分け都市計画区域内を市街化区域と市街化調整区域に線引きしたのです。

こうして市街化をうながす区域と市街化をおさえる区域を設定したのです。こうすることで市街化区域の上下水道や道路などのインフラを集中的に整備し人々に暮らしやすい街を供給することとしました。一方市街化調整区域では、虫食い状態で無秩序に広がる郊外の建築を抑制し、インフラの未整備やインフラ管理の非効率化を防ごうと制度設計したのです。またこのことで郊外のまとまった田園地帯を残すように誘導した訳です。その後見直さなくてはならない時代の変化もあり幾度かの改定もありましたが市街化調整区域の考えは今も引き継がれて現在に至っています。

このように建築規制のある土地ですが許可要件があれば建築ができることとされています。

市街化調整区域の許認可等は、実績多数の共同事務所グループにご相談ください。

 

===================================

宮崎市の測量/土地家屋調査士/行政書士事務所の「共同事務所グループ」です。
宮崎県にて地域に根ざした確かな技術と知識で、
測量・設計・開発行為・土地・建物(表題部)登記申請・不動産に関する専門家として
皆様の不動産に安心をご提供いたします。