お気軽にお問い合わせください

0985-20-6333

受付時間 平日8:30〜17:30

本家と分家

日本の家族は、「家」という単位が基準になります。長男がすべての財産を相続し、親の家、いわゆる「本家」を相続するのが普通だった時代が長く続きました。一方次男、三男結婚して家庭を持つと、そちらが「分家」となっていました。今ではわざわざ「本家」「分家」を名乗る習慣はなくなりましたが、都市計画法では「分家住宅」という考え方があります。

これはそのままでは住宅を建てられない市街化調整区域内において、親の家、すなわち「本家」が合法的に建っている場合に、親の面倒を見る等のために子が「分家」として本家の近くに家を建てることができるという例外措置です。

要件は市町村によって多少異なりますので、法令を把握した上で建てられるかどうかを検討することになります。共同事務所グループ横山和久行政書士事務所では、これまで数多くの分家住宅を手がけております。分家住宅をお考えの方は、一度共同事務所グループまでお電話またはメールフォームからご相談ください。

 

===================================

宮崎市の測量/土地家屋調査士/行政書士事務所の「共同事務所グループ」です。
宮崎県にて地域に根ざした確かな技術と知識で、
測量・設計・開発行為・土地・建物(表題部)登記申請・不動産に関する専門家として
皆様の不動産に安心をご提供いたします。