お気軽にお問い合わせください

0985-20-6333

受付時間 平日8:30〜17:30

青地と白地

宮崎市内でも、農業をやられていた方が亡くなって、そのあとを継ぐ方がいないというケースがだんだん増えてきているそうです。そもそもサラリーマンの息子がいきなり農地を相続しても、使い道がないということになってしまいます。とはいえ農地でも土地は土地ですから、家を建ててそこに住むというのも、一つの方法かと思います。

この場合は、農地を別の用途の土地に変更する、「農地転用」という手続きが必要になります。ただどんな土地でも農地転用ができるわけではありません。農地というのは複数の法律で保護されている大事な土地で、いくつかのグレードに区分されています。そのグレードによっては、農地転用が難しい、あるは条件が付くという場合があります。

まず一つの区分として、その土地が「青地」なのか「白地」なのか、というところで大まかに判断することができます。青地と白地、なんのことやらわからないと思いますが、これは農業振興地域の整備に関する法律、いわゆる農振法による区分です。簡単に言うと、以下のように分けられます。

 

青地 … 農業振興地域内の農用地区域

白地 … 農業振興地域内で農用地区域でない地域

 

「農業振興地域内」と「農用地区域」、似たような言葉が並んでいて混乱しますが、これは決めている役所が違います。農業振興地域内は、都道府県が「ここらへんは農地として使っていこう」という指定をします。そしてその地域内から、さらに市区町村が農用地区域として「特にこのへんを農地として使っていこう」と指定します。つまり青地は、都道府県と市区町村によって二重に農地として指定された地域であり、原則として農業用途以外への転換は禁止されています。

一方白地は、都道府県によって「農業振興地域内」には指定されているものの、市区町村の「農用地区域」には指定されていない農地ということになります。こちらは農地転用は難しくありません。一般の市街化調整区域と同じぐらいかと思います。

とは言え、青地だとまったく手も足も出せないかというわけでもありません。市区町村の「農用地区域」から外す除外申請を行なえば、白地に変更することはできます。ただしこの審査は半年や年に1回しか行われませんので、非常に時間がかかります。また白地になったとしてもすぐに家が建てられるわけではなく、ほかにも様々なハードルがあります。

農地転用についてお困りの際は、共同事務所グループ内、横山和久行政書士事務所までご相談ください。メールアドレス、電話番号は同じです。

 

===================================

宮崎市の測量/土地家屋調査士/行政書士事務所の「共同事務所グループ」です。
宮崎県にて地域に根ざした確かな技術と知識で、
測量・設計・開発行為・土地・建物(表題部)登記申請・不動産に関する専門家として
皆様の不動産に安心をご提供いたします。