お気軽にお問い合わせください

0985-20-6333

受付時間 平日8:30〜17:30

点と線

皆さんは、「境界」というと、何を思い浮かべるでしょうか。例えばお隣との敷地の境界はどこ? と問われれば、ブロック塀があるよーとか、田んぼのあぜ道で区切られてるよーといった、物理的な「境界線」を思い浮かべる方も多いでしょう。日常の生活においては、そういう認識で特に問題はないはずですが、土地の売買や分筆するといった場合では、法律の上で境界を扱っていく事になります。

法律上の境界は「線」ではなく、「点」を基準に考えていきます。点はX, Yの座標で位置を特定することができるので、管理がしやすいわけですね。そして各点と点を繋いだ直線が、私たちが認識している「境界線」という事になります。ただ法律上は「線」は管理しておらず、あくまでも「点」を扱っていきます。例えば敷地がカーブしていれば、そのカーブを表すために点が沢山打たれる事になります。

境界を示す点には、それが境界であることがわかるように、杭やプレートが設置してあります。皆さんのお宅にも、敷地の角のところに何らかの目印があると思いますので、探してみるといいでしょう。

とは言え、実際に隣地との境目というのは、ブロック塀や垣根などの物理的なもので分けて生活しています。いくら境界はこの点とこの点をまっすぐ結んだものとは言っても、ブロック塀が曲がっていたり、垣根が成長して太くなったり、仕事熱心な農家の方があぜ道ギリギリまで耕していけば、物理的な境界線はどんどんにじんだりずれたりしていきます。しかしそうなっても、境界を示す杭やプレートがちきんと残っていれば、法的な境界はずれません。

杭やプレートは、時間が経てばどこにあるのか分からなくなることがあります。土に埋まってしまったり、邪魔だからと抜いたり剥がしたりという事もあります。

隣との境界がわからなくなった、なんか先祖から聞いてた境界とは違う気がする、うちの土地まで削られてる、といったときは、共同事務所グループまでご相談下さい。調査、測量、登記申請まで、ワンストップでお任せいただけます。

 

===================================

宮崎市の測量/土地家屋調査士/行政書士事務所の「共同事務所グループ」です。
宮崎県にて地域に根ざした確かな技術と知識で、
測量・設計・開発行為・土地・建物(表題部)登記申請・不動産に関する専門家として
皆様の不動産に安心をご提供いたします。