お気軽にお問い合わせください

0985-20-6333

受付時間 平日8:30〜17:30

「番地」と「地番」は、何が違うの?

一般的に「住所」といえば、「番地のことだ」と考えます。住民票の住所欄にも、「○○市○○町4番地6号」などと書かれていることでしょう。一方で土地の登記簿を見てみると、同じ場所なのに「○○市○○町4番6号」などと書いてあります。番地も番も大して変わらないように思えますが、実は土地の測量や登記簿を見る仕事をしていると、この違いがとても重要になります。

一般的に「番」となっているのは、「地番」と呼ばれています。土地の番号という意味ですね。では地番と番地は、何が違うのでしょうか。

明治6年に「地租改正条例」が交付され、全国的に土地の測量が行われることになりました。これは主に、土地それぞれの面積に応じて課税するためです。ですから一筆の土地ごとに、番号をふっていきました。これが「地番」の大元です。

一方、人を特定する際に、名前だけでは足りません。日本全国に同姓同名の方が数多くいらっしゃるわけですから、個人を特定する際に「○○に住んでいる△△さん」という形で追い込んでいくわけです。同じ居所に同姓同名の人は2人いないだろう、という前提なわけですね。このように、人を特定するために使われるのが住所であり、こちらは「番地」が付きます。

地番は土地を管理するに用いられ、番地は人を特定するために用いられます。それぞれ管理している法律が違うんですね。

ではなぜ「地番」と「番地」は同じ数字が付いてるのか。地番のほうはさっさと付けてしまわないと税金が取れませんので、それはもう最優先でどんどこ付けていったわけですが、のちに番地を付けようとなった際に、せっかくもう地番があるのでそれを流用しちゃおう、とする自治体が数多くありました。それで数字だけは同じになったわけです。

ただ、地番は地番、番地は番地で別の番号が付いている地域もあります。皆さんも自分の土地の登記簿を見る機会があるかもしれませんが、今そこに住んでるのに、地番と所有者の住所が違っていることがあるでしょう。しかしそれは間違っているわけではありません。日常生活では、住所の方だけ覚えていれば不自由はありませんので、心配いりません。

ご自分の土地に関して「あれ?」と疑問に思われたら、土地家屋調査士法人 登記コンサルタントがお力になれるはずです。まずはお気軽にご相談から。

 

===================================

宮崎市の測量/土地家屋調査士/行政書士事務所の「共同事務所グループ」です。
宮崎県にて地域に根ざした確かな技術と知識で、
測量・設計・開発行為・土地・建物(表題部)登記申請・不動産に関する専門家として
皆様の不動産に安心をご提供いたします。