お気軽にお問い合わせください

0985-20-6333

受付時間 平日8:30〜17:30

建物登記、忘れてたけど大丈夫?

本日の宮崎市内は小雨でしたが、建物調査を2件行いました。そのうちの1件は、15年ほど前に家を建てたんだけど、登記してないことがわかった、という事でした。固定資産税の請求はくるので、てっきり登記もされているのだと思っていた、そういうお話もよく耳にします。

こういった案件は、わたしたちにとっては珍しくありません。実は、市役所など地方自治体が管理する所有者情報と、法務局が管理する登記情報はまったく別のもので、お互いに連携などはしていません。ですから、税金の請求はくるけど登記はない、という事は、十分に起こりえます。

登記は、相続や売買などが発生したときに、第三者への対抗要件という形で使われます。ですから、家を建てたご本人がご無事でずっと住んでるだけでは、何年も登記が必要になる場面がなかったということは、十分にあり得ます。 ですが、やがて建物をどなたかが相続されたり、売却や取り壊して建て替えされたりする時も来るでしょう。必要なときに困らないよう、当時の記憶が確かなうちに、登記をしておくことをお勧めします。

弊社登記コンサルタントでは、土地の測量だけでなく、このような忘れてた案件も喜んでお引き受けいたしております。まずはご相談だけでも、サイト記載のお電話か、メールにてご連絡ください。

 

===================================

宮崎市の測量/土地家屋調査士/行政書士事務所の「共同事務所グループ」です。
宮崎県にて地域に根ざした確かな技術と知識で、
測量・設計・開発行為・土地・建物(表題部)登記申請・不動産に関する専門家として
皆様の不動産に安心をご提供いたします。